FC2ブログ

JFE二重鋼管座屈補剛ブレース


鉄骨ブレースを考える場合において、

鋼管ブレースを用いても
座屈現象による耐力低下が
ネックとなる場合に有用な部材として
次のモノがあります。

●JFEシビル 株式会社
 『二重鋼管座屈補剛ブレース』
   参考URL:https://www.jfe-civil.com/system/device/products2/

このブレース材の特徴としては、

 参考サイトの説明にもアリマスが、

 圧縮時にも座屈することなく塑性変形し、
 安定した弾塑性履歴特性有する引張・圧縮構造部材

 …この様に説明されています。 

これは、
耐震補強
枠付き鉄骨ブレース補強においても用いる事が可能です。

圧縮・引張耐力ともに同じ値とできる事から、

鉄骨枠に生じる不釣り合い力に対する懸念も
気にしなくても良いと思います。 

メーカーの方では、
(一財)日本建築センターの
 性能評価も取得されています。

GBRC性能証明 第08-05号改
  参考URL:http://www.gbrc.or.jp/assets/documents/center/gijyutu_ninsho_pdf/gbrcat_08-05.pdf

その中で説明のある
「JFE円形鋼管ブレース耐震補強工法 設計・施工指針」

コレに準じて
設計すれば良いところで、

靱性指標としても
二重鋼管座屈補剛ブレースを用いるのならば、
 比較的高い値を
 目標とする事もできます。 

他の方にも参考となりましたら…



      ▼ 記事を読んで頂いてアリガトウ
                m(_ _)m
         よければクリックお願いします ▼
          できれば、2箇所ほど (^_^;)
        


 ★同一カテゴリの最近の関連記事☆
       JFE鋼構造設計便覧 
       折板屋根の許容応力度
       応力伝達で必要な隅肉溶接の有効長さ
       溶融亜鉛めっき高力ボルトはF8T
  

 ★サイトマップへはコチラから☆  クリック m(_ _)m


     

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : S造 ブレース 耐震補強 座屈 耐力 靱性指標

コメントの投稿

Secret

スポンサーサイト

プロフィール

たぁ~ぼ~

Author:たぁ~ぼ~
ブログの管理人です。
毎日コツコツ建築構造設計しています。
心に移りゆく事を気ままに日記的につづってゆきます。

***アクセスカウンター***
このブログ一緒にみてる人数
現在の閲覧者数:
更新履歴


総記事数:
ニュース
月別アーカイブ
カテゴリーめにゅ~
サイトまっぷ▼有
スポンサーリンク
アーユル チェアー
お天気は?
チョッとゲームでも。。。
気分転換に!
PEKO - REVERSI ♪~♪
気分転換 その2!
ブログランク状況
現在のランク
デジタル時計
お日柄チェッカー
熨斗と水引
Twitter
ブログランキング
参加中  ▼

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

おきてがみ

ご訪問ありがとうございます!
検索フォーム
★参考HPリンク集☆
最新コメント
最新トラックバック
おすすめのサイト

┗ 沈下修正おまかせ!!
Vector 間取りデータを100プラン公開!! e-houseの「間取り」
『オートデスクストア』
7ネットショッピング
リンクです(^o^)丿