FC2ブログ

RC系建物の耐震補強では層剛性バランスも大事


RC造SRC造の建物に対して
耐震補強を考える場合の事ですが・・・

桁行方向などにおいて、

 (A)ある層よりも上部靱性型(Fu≒2.0~)
 (B)ある層以下でRC壁などにより強度型(Fu≦1.0程度)

この様なケースで、
最大Isダケチェックしていくと

 (A)…Is≧Isoで既存で耐震性能あり(Fu≒2.0~)
 (B)…Is<Isoで補強必要(Fu≦1.0程度)

こうなってくるケースもあったりします。。。

 ※HOOPピッチ規定の強化後に
   増築された建物などで出てきたりする事がアリマス。。。


モチロン、
耐震要素の
 層剛性自体に差があるので、
 形状指標 SDも反映されているワケですが、

それでも、
タマァ~に
コウなったりもするんデスよねェ~・・・ 

この場合には、
そもそも、

 Is≧Isoダケで判断しても良いのか 

ココを疑っておく必要がアリマス 


…というのは、

「コレを数値のみで判断して、
  (A)に該当する層の耐震補強は不要です 

こうした診断報告書ダケをみると

耐震補強計画の必要性が無い様に見られますが、
ココに
 キケン  が潜んでいます。。。 


実際
 補強計画をしていくと、

大抵、
 他の層に剛性の高い(F指標の小さい)
  補強部材が加えられていくワケです。。。 

すると、、、
 剛重比(or剛性率)の変動が生じて、
 形状指標 SD の値が下がる時もアリマス。 

コレにより、
 耐震診断時には、
 補強不要と思っていた

  (A) の層に『NG』の文字が表示 


・・・エッ  ...

こんなカンジで
オドロキの結果が出てくる事もアリマスので、

 要注意  デス 

マァ、
剛性バランスも大事であり、
 かつ、
各階の累積強度指標(CT)の分布がある程度は
 一様になっている事などの確認も
あわせて考えていく必要性があるという事ですよね。 
   
-----------------

〔参考文献〕
  日本建築防災協会:
  「既存鉄筋コンクリート造建築物の耐震改修設計指針 同解説(2017)」
    2.1 補強計画
     2.1.2 補強工法の選定
     【解説】(1)③ SD指標の改善




      ▼ 記事を読んで頂いてアリガトウ
                m(_ _)m
         よければクリックお願いします ▼
          できれば、2箇所ほど (^_^;)
        


 ★同一カテゴリの最近の関連記事☆
       RC柱巻き立て補強では強度寄与係数に注意
       RC系の耐震補強で圧入するグラウト強度
       RC耐震診断(2001)の吹抜の偏在は1次のみ影響 


 ★サイトマップへはコチラから☆  クリック m(_ _)m


     
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

Secret

スポンサーサイト

プロフィール

たぁ~ぼ~

Author:たぁ~ぼ~
ブログの管理人です。
毎日コツコツ建築構造設計しています。
心に移りゆく事を気ままに日記的につづってゆきます。

***アクセスカウンター***
このブログ一緒にみてる人数
現在の閲覧者数:
更新履歴


総記事数:
ニュース
月別アーカイブ
カテゴリーめにゅ~
サイトまっぷ▼有
スポンサーリンク
アーユル チェアー
お天気は?
チョッとゲームでも。。。
気分転換に!
PEKO - REVERSI ♪~♪
気分転換 その2!
ブログランク状況
現在のランク
デジタル時計
お日柄チェッカー
熨斗と水引
Twitter
ブログランキング
参加中  ▼

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

おきてがみ

ご訪問ありがとうございます!
検索フォーム
★参考HPリンク集☆
最新コメント
最新トラックバック
おすすめのサイト

┗ 沈下修正おまかせ!!
Vector 間取りデータを100プラン公開!! e-houseの「間取り」
『オートデスクストア』
7ネットショッピング
リンクです(^o^)丿